出産祝いに送りたいものといえば?

新生児服をプレゼントするにあたって情報を伝えします

贈るタイミング

出産祝いのプレゼントを購入したら、どのタイミングで相手に渡せば良いのでしょうか?これは相手の状況によって変わってきます。一般的には、母子の体調を見ながら赤ちゃんが生まれてから7日から1ヶ月の間で出産祝いのプレゼントを贈るとよいでしょう。自分のタイミングで贈るのではなくて、産後の母子の健康状態を確認して、少し落ち着いて余裕が出てきたころに贈ると喜んでもらえる可能性も高くなるでしょう。

タイミング出産祝いのプレゼントは他のお祝いと違い、相手のことを第一に考えて贈ることが大切です。出産をお祝いしてあげるとともに、相手のことを配慮する気持ちも込めてお祝いを贈りましょう。そのためにも、母子の健康状態を見ながらタイミングを見計らうことが重要になってきます。

出産祝いのプレゼントを渡す方法にはいくつかあり、手渡しで贈るのも方法の一つです。病院を訪問して渡しても良いですし、退院してから自宅に訪問して渡しても良いでしょう。手渡しをするメリットとしては、おめでとうの気持ちをしっかり伝えることができたり、赤ちゃんの顔を見ることができたりするというものがあります。しかし相手が遠方に住んでいる場合や関係性によっては、郵送でも十分気持ちを伝えることができます。


金額の相場

出産祝いでどれくらいの金額のプレゼントを贈れば良いか分からない人もいるかもしれませんが、あまり高価な出産祝いを贈っても相手が困ってしまうこともあるので、できるだけ負担にならない金額にすることも配慮の一つです。贈る相手との関係によっても異なりますが、一般的に出産祝いのプレゼントを贈るときの相場は5,000円から10,000円くらいとされています。この範囲内で出産祝いのプレゼントを購入すれば、相手に負担に思われないでしょう。

相場出産祝いのプレゼントとして人気がある新生児服は、肌着であれば比較的購入しやすい価格になっています。洋服もさまざまな価格帯のものがありますので、いくつかの種類を上手に組み合わせて、相場の範囲内に収まるようにすることも可能です。新生児服ならではの可愛らしいものがたくさんありますので、予算に応じて組み合わせを考えるのも楽しいものです。

今の時代は全国展開しているようなチェーン店でも安くて可愛い新生児服はたくさん販売されています。高価なものでないと失礼なのではないかと思っている人もいますが、必ずしもそういうわけではありません。何を贈るかも重要ですが、プレゼントを買う際の金額もポイントの一つです。相場や予算の範囲内で喜ばれるプレゼントを用意しましょう


新生児服を贈る

新生児服すぐに活用してもらえる出産祝いとして最適なプレゼントが新生児服です。特に肌着はたくさん必要になりますので、プレゼントをする相手が喜んでくれるようなデザインの新生児服を選びましょう。新生児服も様々なものがありますが、生まれたばかりの赤ちゃんに着せるのが短肌着、そして身体を積極的に動かすようになるタイミングで着させるのがコンビ肌着やロンパースと言われる肌着です。

生まれたばかりの赤ちゃんに着せたいのであれば短肌着ですが、少し成長したタイミングで着せることを考えると、コンビ肌着やロンパースがいいでしょう。男の子か女の子か、お母さんの好みのブランドや色、デザイン、柄などを考えて選んだ品物は贈る側の気持ちが伝わるものです。実際の店舗では肌触り窓を確認することができますし、ネットショップだと数多くの商品の中から選ぶことができます。

可愛いデザインの肌着はたくさん売られていますが、赤ちゃんはたくさん汗をかくので、そのいう意味でも機能性に優れている肌着を購入してあげることが大切です。デザインばかりにこだわってあまりに個性的なものを選んでしまうと、贈る相手の好みが合わなかった場合に全く使われない可能性もあります。そうならないためにも、出産祝いで贈る新生児服は、デザインよりも素材や機能性を重視しましょう。そうすることで相手に喜んで使ってもらえる可能性が高くなります。

推奨サイト
https://www.nishiki-ch.co.jp/chuckle/products/item/index.php?cat_l=9
・・・新生児服の通販サイト「Chuckle BABY」です。


出産祝いは何を送る?

家族や友人や知人に子供が生まれるということはとてもおめでたく、自分のことのように嬉しいものです。何かお祝いのプレゼントをしようと思ったときに、どのような出産祝いを贈ればよいか迷っている人も多いのではないでしょうか?何を贈るかという悩み以外にも、どのくらいの金額が相場なのか、そしていつ出産祝いのプレゼントを渡せばよいのかを考えておきましょう。出産祝いの形式としては、プレゼントを贈る、現金や商品券を贈る、手紙やメールでお祝いのメッセージを送るなどが挙げられます。

プレゼントどういう形であっても気持ちは伝わりますが、一般的にはプレゼントをあげるか、現金や商品券を贈ることが喜ばれます。相手に喜んでもらえるものであれば何を贈っても問題ありませんが、特に喜んでもらえるのが新生児服です。好みのデザインの服があるかもしれませんが、たくさん必要とする肌着などはプレゼントとしても適しているのではないでしょうか。おめでとうの気持ちを込めて贈ってあげることで、お祝いの気持ちが伝わるでしょう。

赤ちゃんのために新生児服をプレゼントする人は少なくありません。そのため、これから出産祝いで新生児服をプレゼントしたいと思っている人は、どのようなデザインの服でどのくらいの金額が相場なのかを理解しておく必要があります。せっかくお祝いするのであればできるだけ喜んでもらいたいと誰もが思うものです。そのためにも事前に情報を収集して、どのような新生児服をプレゼントすれば喜ばれるかを考えて、気持ちが伝わるものを贈りましょう。